1、はじめに

学院長のごあいさつ
昔も今も「読み・書き・そろばん」は教育の原点です。

高橋珠算学院 学院長 高橋 輝男


183.jpg
 当学院は創立55年の伝統、10段合格者11名輩出、全日本珠算選手権大会優勝の実績があります。

 「そろばんは時代遅れ」「今どきそろばん?」などといった世間の声があります。しかし、何故そろばんは消滅しないのか、学校の授業でも行われているのか。

 そこには、そろばんで身につく様々な効用があるからです。(詳しくはそろばんの効用をご覧ください。)

 昔から「読み・書き・そろばん」は学習の基礎とされてきました。そろばんの反復練習がもたらす効果は想像以上のものがあります。特にスモールステップのそろばん学習は、小さいお子様にわかりやすく「やればできる」実感を与えます。達成感と小さな挫折の繰り返しによって
「やる気」「継続」「集中力」「粘り強さ」といった本質的な「人間力」を身につけることが可能です。お子様の将来は∞大です。先人達が残してくれた素晴らしい道具に誇りをもって、教育に当たっていきたいと思います。